東京すしアカデミー

ル・コルドン・ブルー?せっかくだからすしアカデミーへ行きましょう。東京すしアカデミー、またの名をTSA(一風ボーイズバンド風ですがすし職人の養成所です!)は、サーモンを刺身にしたり、さいの目に刻んだり、海苔巻きやシャリの握り方まで日本食の奥義を学ぶ最短距離と言えます。寿司職人の親方から手ほどきを受ければ、マグロもウルヴァリンよろしくサクッとスライスできるようになることでしょう。

8週間のディプロマコースを終えた柳包丁の使い手たちが世界をまたにかけて活躍しています。このアカデミーでは寿司職人から、寿司職人になるためのイロハを学ぶことができるのです。包丁の扱いから生魚のおろし方、シャリの繊細な握り方、刺身や巻きまで前期4週間で徹底的に寿司作りの基礎をたたき込まれます。後期4週間は、だしの引き方、天ぷらや焼き鳥といった幅広い日本料理の世界を習得します。

 

寿司の芸術は学びたいけれど、2か月を費やすのはちょっと? ご心配なく。90分間のグループワークショップでスキルを学べる初心者向けコースもあります。辣腕寿司職人が築地市場の雰囲気そのままに、旬の素材や香り、酒に至るまで、日本料理の世界をガイドします。さらに第三のオプションとしてプロ向けのプライベートレッスンも受けられます。寿司酢の下準備から寿司の盛り合わせまでスキルを磨くのに最適です。ほとんどのクラスは英語で行われるため、外国のグルメもこの伝統料理の世界を堪能できます。

 

もちろん、出来合いの寿司の詰め合わせを購入することもできますが、自分で作る寿司ほど満足できるものはありません。自宅で寿司を振る舞えば、大きな歓声があがることでしょう!

東京すしアカデミー / 東京都新宿区西新宿8-2-5 / +81 3 3362 1755 / 予約制 / sushischool.jp